出来事

NHKは画面が黒すぎやしないか

NHKの朝の連ドラ「とと姉ちゃん」や大河ドラマ「真田丸」を楽しみに見ています。

ただ、時折、画面が黒すぎて何にも見えないことがあるのです。

実は我が家は未だにブラウン管テレビです。

NHKが推奨するハイビジョンや4Kなどには適応していません。

そのため夜のシーンは何も見えずにただ黒い画面を眺めているだけです。

画面からは想像するしかありません。

想像力が鍛えられるかもしれないですね(苦笑)

たまに家電量販店などで、最新のテレビの画像を見たりします。

液晶なのにこんなに美しくなったのだと、驚嘆しています。

最近のテレビは黒がきれいに映るんですってね。

最新のテレビでNHKのドラマを見たいものです。

特に重要なシーンで真っ黒だと、誰がどこにいて何をしているのかが分からないとドラマの進行についていけなくなります。

世の中、最新の液晶テレビばかりではありません。

テレビを買い替えすることができない貧乏人がいるということをことを気に留めてほしいです。

確かに、良いテレビで見れば黒は黒でなくきちんと映像になっていることでしょう。

我が家の現在の収入まではまだまだ、買い替えができないお宅も多いと聞いています。

我が家も壊れるまでは今のブラウン管テレビで我慢しようと思っています。

そんな家庭のためにもう少し画面を明るくしてほしいと思っています。